闇金被害の防止策とは

1.登録業者であるかの確認
金融庁ホームページでは、全国の財務局・都道府県の登録貸金業者の登録内容を検索できます。
 金融庁ホームページ公式サイト
加えて、財務局登録番号を詐称しているような悪質な無登録業者を調べられる「登録貸金業者情報検索入力ページ 」

 

2.適法な金利であるかを確認
出資法に定められている上限金利は年率29.2%(元本1万円につき1日8円の利息)で、これを超える貸付金利は、出資法違反となり罰則の対象です。
3.注意すべきこと
@ トラブル時の証拠のために、借入れ時には契約書を必ず受け取り保管します。また、契約書を交付しないような貸金業者からは借り入れしないこと。
A  契約書に署名・捺印する前に、金利などの契約内容をよく確認すること。不明な点があれば説明を求め、納得できない場合や、おかしいと感じた場合には取りやめる。
B 個人情報(住所、電話番号、銀行の口座番号等)の提示には注意が必要です。
C 借入金額は、返済可能な範囲内で借りることが最も重要です。

 

 

 

 

関連ページ

闇金の種類
ヤミ金と一口でいっても色んな形態があり、一般の利用者が騙されて被害に遭うケースも多々あります。それを防せぐには、そのやり口を知ることで可能となります。
闇金から逃げる方法
闇金の手口とは
闇金の取り立て
闇金と裁判
闇金問題を解決するのに一般的な債務整理と同様に裁判所を介在させて解決できるのでしょうか? 現実的には、違法な闇金業者を裁判所に呼び出して解決を図るのは難しいと思われます。
闇金だと見破る方法